メンズ

躁うつ病の特徴と原因を詳しく紹介|ココロの病改善

病気と闘う

相談

まず病院へ行く

躁うつ病治療には大前提として薬を用います。こうした病は自分の気持ち一つでコントロールするのは難しいものですから、医師や薬による手助けが欠かせません。特に日常生活に支障をきたすような言動の不一致や睡眠障害などの症状が発生している場合、服薬治療を行なわなければ症状が悪化してしまうのです。治療を行ないながら社会生活を続けたい人にとって特に薬は価値の高いものです。また病院で治療を受ける事は、患者さんが自身の病と向き合うためにも必要なアクションです。世の中には認知行動療法と言う病の治療方法が存在していますが、どのような言動が病気によって発生しているのか正しく認識する事は治療を押し進めてくれるのです。何より躁うつ病は欝状態に陥った時が危険な病です。そうした際の自殺を避けるためにも、一般的なうつ症状を学んでおく価値は高いと言えるでしょう。例え自己価値が下がって死にたいと考えても、それが病気の症状なのだと認識できれば冷静になれるのです。こうした努力は病院に足を運ぶだけでなく自身で躁うつ病について勉強する上でも身に付きますので、書籍やインターネットで情報を集めてみましょう。病に向き合う上で有用な情報が得られます。

躁状態に注意

一般的にうつ病と言えば社会生活に心理的な負担を感じる病であり、罹患した場合家にこもる事が増えてしまいます。しかし躁うつ病はこうしたうつ状態と躁状態を併せ持つ点で厄介な病気です。躁状態になれば積極的に外部と接触を持とうとしますから良い面があると考えられがちですが、躁うつ病で躁状態に陥った場合人間関係で問題を起こす方も少なくありません。例えば健康な状態であれば言わなかったはずの暴言を吐いたり、言動が支離滅裂になる事があるのです。こうした状態によるトラブルを避けたい場合、周囲の心打ち解けられる人達には病について伝えておくようにしましょう。また躁うつ病にかかった人がどのような状態になるのか理解を深めてもらう事が大切です。躁うつ病のような気分障害の治療には周囲の人達のサポートが欠かせません。日常生活でできなくなってしまった事をケアしてもらうだけでなく、自殺リスクを下げるためにも「人」と繋がっている事が大切なのです。そのためにも病気にかかってしまった場合、まずは理解者を探すようにしましょう。もしも身近な場所にそうした人を見出せない場合、カウンセリングに通ったり患者同士のコミュニティに参加する事が大切です。